ベートーヴェン

自室のCD・レコード棚を眺めると、ベートーヴェンの交響曲全集(全9曲)が15組。これを多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれかと思いますが、何組買ってもどのセットを買っても収録されている交響曲は同じ9曲であり、10曲にもならなければ8曲でもありません(そもそも8曲収録では全集と呼ばれません)。
それではなぜ同じ曲のCDやレコードを何枚も買ってしまうのか。

答えの前にちょっと寄り道をお許しください。
私が幼い頃、わが家ではいつも音楽がかかっていましたが、その多くはベートーヴェンでした。
幼い頃からクラシック音楽を聴いて育った私は、中・高校生になると変に背伸びをして、『運命』交響曲や『田園』交響曲といった有名どころはもう卒業とばかりに、あまり有名ではない曲を聴いて「周りとは違う」アピールをしていたように思います。ところが、そのようなマニアックな曲というのはとっつきにくく(だからなかなか人気曲にならないのですが)、ある程度の経験がないと良さどころか聴き方すら分からないという難物なんですね。有名曲には戻りたくないけれどマニアックな曲には跳ね返されて前に進めない。私は袋小路にはまってしまいました。
さて、クラシック音楽とどのようにお付き合いすればよいものか・・・
結局、当時所属していたオーケストラが演奏会で演奏する曲の予習としてCDを購入し、受動的に聞いているだけの日々。

そうこうしているうちにオーケストラを卒業し、聴く専門となってしまった10代の終わり、またしてもクラシック音楽とのお付き合い問題が再燃することに。その時たまたま手にしたのが、某評論家による指南書でした。
まずは知っている曲の評論を読もうと、最初に開いたのがベートーヴェンの交響曲第5番『運命』のページ。推薦されていたのはフルトヴェングラー指揮とカルロス・クライバー指揮のCDでした(これらは万人が認める20世紀の名演奏です)。
フルトヴェングラーの方は1947年5月、ベルリン・フィルの指揮台に復帰した記念コンサートのライヴ録音。音は古く録音もモノラルですが、「苦悩から歓喜へ」という「運命のドラマ」そのままに熱狂的な演奏で、すぐに大好きになりました。
一方のクライバー。ともすれば通俗的に堕しがちな「運命のドラマ」はここにはなく、ひたすら純粋にベートーヴェンが作曲した「5番目の交響曲」が演奏されています。金管の強奏、リズムの弾みを聴くたびに、ベートーヴェンはかくも爽快で瑞々しい音楽を書いたのかと、「運命のドラマ」に覆い隠されて見えなくなっていた音楽そのものの鮮度に驚きます。

ちなみに、交響曲第5番を『運命』と呼ぶのは日本くらいで、世界的にはこのニックネームは使われておりません。輸入盤のCDジャケットを見ても「Symphony No.5」などと印字されているのみで、『運命』に当たる単語は記載されておりません。

このように、同じ『運命』でも演奏家が違うとこんなにも違って聞こえるんだなあと思ったのがきっかけとなり、私とクラシック音楽との新しいお付き合いが始まりました。
すなわち「好きな曲ができたらいろいろな演奏で聴く」。
このような聴き方をすることによって曲に対する理解は深まり、多くの演奏家の特徴を知ることもできます。
また、有名曲は卒業したなどと恥ずかしいことは言わずに、どんな曲にもまっさらな気持ちで向き合ってみようと心を新たにするきっかけにもなりました。

幼い頃、音楽を聴く「耳」を育ててくれたベートーヴェン。そして、今に至る音楽との付き合い方を教えてくれたベートーヴェン。
今年は‘恩師’ベートーヴェンの生誕250周年。
今の私は晩年の作品に強く惹かれます。10代の頃に馴染めなかった作品です。
当時はきっとベートーヴェンに見透かされていたのでしょう。そんなに背伸びをしたって駄目だよ、と。
今は少しだけベートーヴェンも私のことを受け入れてくれたと思いたいな。

今朝のお供、
サザンオールスターズの『ステレオ太陽族』。
デビュー記念日に有料配信された無観客ライヴ。「朝方ムーンライト」が聴けて嬉しかった。

                                   (佐々木 大輔)

美しい五月に

新型コロナウイルスにより、未曾有の事態が続いております。
全国的に緊急事態宣言は解除されましたが、宣言解除によって新型コロナウイルスが(終息はもとより)収束したわけではありません。引き続き警戒を怠らず、気を引き締めて行動していきましょう。

私にとってステイホームは、今まで当たり前と思っていたことを改めて見直す機会にもなりました。忙しいとどうしても利便性を追求してしまいますが、できるだけ丁寧に生活することを心掛け、普段ならメールで済ませてしまうことも、拙いなりに一言、万年筆で手紙を書いたり、今までやりたくてもなかなかできなかった生活を送っております。

5月になると毎年思い出すのが、「美しい五月に」で始まるシューマンの歌曲集『詩人の恋』。
ここは例年どおりを心掛け、今年も針を落としました。
手持ちのレコードは入手した順にディースカウ盤、ヴンダーリヒ盤、ヘフリガー盤の3枚。いつもより丁寧にほこりを払い、盤面を磨き、心を込めて再生。瑞々しく息吹いた一音一音を、こんなにゆっくりかみしめるように聴いたのは本当に久しぶり。干天の慈雨のごとく心の奥底まで潤いました。
音楽の話はまた次回に。

ほかにも、運転中に見た雪残る鳥海山の美しさに感動したり、繰り返し観てきた映画やドラマでも今までは聞き逃していたセリフに耳を奪われたり、慌ただしい日常の中でつい忘れがちになっていた人とのつながりの尊さを実感したり、挙げるときりがありませんが、困難な中で気づいた幸せを手の中からこぼすことなく大切に握りしめて、丁寧な生活を続けていきたいと思います。

現在(いま)がどんなにやるせなくても 明日は今日より素晴らしい
―桑田佳祐「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」

今朝のお供、
ブルース・スプリングスティーン(アメリカのミュージシャン)の『The Rising』。
音楽によって救われる心があると信じて、私は音楽を聴き続ける。
                                   (佐々木 大輔)

セミナーのテレビ放送のお知らせ

私が講師を務めました『相続と遺言書の効力』についてのセミナーの模様が、CNA総合(秋田ケーブルテレビ)にて放送されることとなりましたのでお知らせいたします。

3月下旬に予定されていた「第4回あきた終活フェア」において、私が講師を務めることとなっていました『相続と遺言書の効力』についての公開セミナーは、新型コロナウイルスの感染拡大防止と来場者の皆様の安全を考慮した結果、中止となりました。

当日の公開セミナーは中止となりましたが、セミナー自体は、株式会社TEAM CNA CREATION様のご協力を得まして、別室にて無観客の状態で収録いたしました。
その模様が、以下の日程で、株式会社秋田ケーブルテレビ様にて放送されます。
ご興味のある方は、お時間に余裕がございましたら、ご覧いただけますと幸いです。
(なお、昨年のセミナーの様子は当ブログNo.180をご参照ください)

<放送日>
CNA総合 地上10ch/デジタル101ch
人生のしまいかた~終活講座~#2
『相続と遺言書の効力』について
4月22日(水) 9:00~10:00 放送済み
4月26日(日)10:00~11:00 放送済み
4月28日(火)16:00~17:00 放送済み
5月 6日(水)15:00~16:00 放送済み
5月10日(日) 9:00~10:00 放送済み
5月22日(金)18:00~19:00 放送済み
5月29日(金)15:00~16:00 放送済み
※上記放送日以外にも継続して放送される予定とのことですので、決定次第、追ってお知らせいたします。

ご覧くださいました皆様よりご好評をいただきましてありがとうございます。
次回『成年後見制度』についてのセミナーのご依頼もいただいておりますので、収録・放送日等決定次第、改めてお知らせいたします。

今朝のお供、
デヴィッド・ボウイ(イギリスのミュージシャン)の『ジギー・スターダスト(The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars)』。

                                   (佐々木 大輔)