これまでとこれから

秋田市文化会館が9月30日をもって閉館しました。

思い出たくさんの文化会館。

その中でも特に印象に残っているイベントをいくつか思い出してみます。

まずひとつ目は、イングヴェイ・マルムスティーン(スウェーデン出身のギタリスト)のライブコンサート(1994年)。

高校1年の3月でした。

発売されたばかりのCDアルバム『THE SEVENTH SIGN』に伴うツアーで秋田に。

しかし先行販売ではチケットを入手できず、一般販売に最後の望みをかけ、真冬の朝4時、友人が秋田駅ウィロードのプレイガイドに並んでくれたのです。

おかげさまで私の分も含め4枚のチケットを無事入手。友人4人で仲良く観ることができました。

終演後、文化会館横の道路に多くのファンが集まって名残を惜しんでいると、イングヴェイが何度も楽屋の窓から顔を出し、ギターピックやライターなどの私物を投げてくれたのもいい思い出です。

そんなことをしているうちに帰宅時間が遅くなり、親に怒られたこともいい思い出・・・かな。

ふたつ目はSKID ROW(アメリカのバンド)のライブコンサート(1995年)。

高校3年の6月でした。

この時は、友人が親御さんの仕事の関係で取ってくれたチケットで(要はコネ?)、前から5列目くらいの席で観た記憶があります。

いつも友人頼みという他力本願な私。持つべきものは友ですね。

そしてライブ翌日、秋田ビューホテル(現ANAクラウンプラザホテル秋田)で私の親戚の結婚式があったのですが、同じホテルにSKID ROWのメンバーが宿泊していたため、ロビーでメンバーと会うことができたのです。

残念ながらヴォーカルのセバスチャン・バックと会うことはできませんでしたが、ドラムのロブ・アフューソ(こうしてすぐに名前が出てくるあたり、青春時代の記憶ってすごいと思う。)とは握手もしてもらいました。

そういえば足を怪我していて松葉杖をついていたなあ。どうやってドラムを演奏していたんだろう。

もうひとつは、藤原歌劇団でヴェルディのオペラ『椿姫』を観たこと(1998年)。

20歳の9月でした。

この前年にクライバー指揮のCD『椿姫』をきっかけにオペラに開眼(かいげん)し、あわせてゲオルギューが主役を歌うショルティ指揮コヴェントガーデン王立歌劇場の映像で『椿姫』に夢中になったことは、以前当ブログでも触れましたが、ついに『椿姫』の生舞台に触れることができたのです。

幕が開くと同時に押し寄せる合唱の圧力や、ピアニッシモでも会場の隅まで届くヴィオレッタの声。CDで聴いている時には気づかなかった迫力や美しさにとらわれて、観劇後数日間は夢見心地で過ごしていました。

幕切れの演出が慣例と違うものであったことから、開演前(終演後?)に演出家が、当の演出について解説してくれたことはぼんやり覚えています。

さて、これからは「あきた芸術劇場ミルハス」。

文化会館と県民会館をあわせて新たな文化芸術拠点となるホールです。

楽器と同じようにホールも育つもの。

ただし、ホールがより良く育つためには、県民の文化芸術度の成熟も必要かと思います。

今は開館記念のご祝儀として多くの優れた公演が催されていますが、“新しもの好き”と言われる秋田県民が飽きて関心を示さなくなれば、演者もまたしかりです。

中身の伴わない豪奢な箱物だけが残るようなことにしてはなりません。

素晴らしい公演とともにホールが育つ過程を見続けられることを楽しみにしています。


今朝のお供、

Måneskin(イタリアのバンド)の『Teatro d’ira: Vol. 1』。

イタリア語で歌われるロック。違和感なし。1曲目から駆け抜けること30分弱。久しぶりに若いバンドに心が躍りました。

                              (司法書士 佐々木 大輔)

秋ですね

昨年9月の当ブログを読み返してみたら、昨年のこの時期少しは運動をしていたようで。

昨年の私に負けている・・・

さらに昨年8月の当ブログを読み返してみたら、昨年は読書も充実していたようで。

運動をしていないなら(いつもどおりのインドアで)読書くらいはしているかと言えば、今年は読書すらできていないという・・・

果たして今年は何をしているのか。

決してぼーっとしているわけではありません。

今月も金融機関向けに「民事信託」の講師を務めたり、異業種交流会で「相続登記の義務化」の講師を務めたりと、仕事は充実しております。

思い返すと、今年の初め頃は毎日のように古今亭志ん朝さんの流麗な落語を聴いていました。

その後も現役の噺家さんでは、柳家三三(さんざ)さん、桃月庵白酒さん、三遊亭兼好さん、春風亭一之輔さんらの落語をYouTubeなどで聴いています。

あ、運動も読書もはかどらないのは、(音楽系も含め)YouTubeばかり見ているせいなのかも。

人前で話す機会が増えると、どうしたらもっとわかりやすく説明できるかを考えるようになります。

もちろん、噺家さんのように面白く話せるわけでも上手に話せるわけでもない私ですが、話すテンポや間のとり方は参考になります(とても真似はできませんけれど)。

これは講師業に限らず、日常業務において依頼人に対して(1対1で)説明する場合でも同じです。

最近はzoomなどオンラインでの講師依頼も増えてきましたが、話しやすさという点からすると、やはり直に反応を見ながらの方が話しやすいです。

反応が良いときも悪いときも、「もう少しここは突っ込んで話した方がいいな」とか「ここはあまり深入りせずあらまし程度にとどめておいたほうがいいな」とか、反応に合わせて話す内容を修正することができます。

私の場合、反応が良いときには、興に乗じて話が脱線してしまわないように気をつけなければなりませんが(要反省)。

私は事前に原稿をしっかり作り込む派なのですが、いざ本番になるとあれもこれも話したくなってしまう性格でして、ときにその余談の方が興味深かったと言われることもあります(あれ、せっかくの原稿の意味は?)。

今年も残り3か月。何はともあれ、昨年の自分に負けないように運動も読書も芸術も楽しんで、触れるものすべてから良いものたくさん吸収し、それらを皆さんに還元できればと思っております。


今朝のお供、

デヴィッド・ボウイ(イギリスのミュージシャン)の『HEROES』。

レコードで言うところのA面とB面で全く異なる世界観。

                              (司法書士 佐々木 大輔)

徒然なるままに

朝晩は涼しくなってきましたね。

今年の夏は、3年ぶりに行動制限のない夏。皆さんどのように過ごされましたか。

秋田市では、例年よりも規模を縮小したものの「竿燈まつり」が3年ぶりに開催されました。

先日は大仙市で「大曲の花火(全国花火競技会)」も開催されました。

9月には秋田市で「千秋花火」も。

その他規模の大小を問わず様々なイベントが企画・開催され、主催者さんたちは細心の注意を払いながら、withコロナとしての日常を歩み出すべく努力されています。

夏の高校野球甲子園大会では仙台育英高校が初優勝。ついに深紅の大優勝旗が白川の関を超えました。

本音としましては、第1回大会準優勝の我が母校が大優勝旗を東北に持ってきてほしかったのですが、最近は県の予選大会でもシードが取れない状況ですし・・・。

東北初の紫紺の大優勝旗(春のセンバツ)はぜひ秋田県に来てくれることを期待します。

私はといいますと、特別どこかへ出かけたということもなく、相変わらずおうち時間を楽しんでおります。

最近はお酒を飲みながら、YouTubeでお笑い芸人さんから素人さんまで様々な人たちがロック音楽を語る動画をあれこれ観ています。

もちろん専門家による詳細な解説も興味深いのですが、音楽を生業としていない純粋なファン目線で語られる皆さんの熱い思いを聞いていると、居酒屋でロック談義をしながらお酒を酌み交わしているような気分になります。

「そうそう!」とか「それは違うんじゃない?」などと画面に向かってぶつぶつ言っている私。コロナ禍でなかなか実現できない「ロックファンの集い」の疑似体験といったところでしょうか。

お酒といえば、今年の夏は白ワインをよく飲みました。

シャルドネ品種のワインとコンテチーズを合わせると、チーズの濃厚なミルクの風味とナッツのような香ばしさが口いっぱいに広がります。すっかりこの魅惑のマリアージュにはまってしまいました。

飲んでばかりいると思われないように、仕事のお話も少し。

秋田建設工業新聞社様から相続についての取材を受け、その内容が住まいの情報誌「かだん」(秋田建設工業新聞社様発刊のフリーペーパー)の7月号と8月号に掲載されました。

続きの第3回目が9月号(9月22日発刊)に掲載される予定ですので、よろしければご覧くださいませ。


今朝のお供、

LED ZEPPELIN(イギリスのバンド)の『Houses of the Holy(聖なる館)』。

今、ツェッペリンのアルバムの中で一番好きかもしれません。

                              (司法書士 佐々木 大輔)