夏本番

秋田市も梅雨が明け、いよいよ暑い夏本番です。

とはいえ今年はすでに6月から暑い日が続き、全国的には40度を超えたところもありました。梅雨も東北北部以外はあっという間に明けてしまい、今後の水不足も心配です。

私も先月の仙台出張の際、さっそく猛暑日(35度以上)を体験しましたが、まだ暑さに慣れていない体には地獄のような暑さでした。

ところで、40度以上の日はなんと呼べばいいのでしょうか。どうやらまだ気象予報の用語としては存在しないようです。

猛暑日という用語も使われるようになったのは2007年(平成19年)から。

これだけ暑い日が日常的になることは、ひと昔前までは想定されていなかったのでしょう。

暑さの一方で大雨の被害も深刻です。

これらの異常気象の原因が何なのか、専門的なことはわかりませんが、地球温暖化や環境汚染もその一因であるかと思われます。

このような異常気象や環境汚染のニュースを見るたびに思い出すのが、星新一著「おーいでてこーい」(『ボッコちゃん』収録)です。

――台風が過ぎた村で不思議な穴が発見される。村人は動物の棲み処かと思い「おーいでてこーい」と叫んでみるが反応はなし。次いで小石を投げ入れてみるが底を打つ気配もなし。結局この不思議な穴は、様々な廃棄物を投げ捨てる穴として重宝され、その結果、海や空は澄み、地上には天空を目指して伸びる高層ビルが立ち並ぶように。

ある日、建築中の高層ビルの鉄骨の上で作業員がひと休みしていると、頭上から「おーいでてこーい」と叫ぶ声がする。見上げても澄み切った青空が広がるばかり。気のせいかと姿勢を戻した作業員を、小石がかすめて落ちていく――

この「おーいでてこーい」が書かれたのは1958年(昭和33年)。なんと今から64年も前のことで、まだ一般的な辞書には「公害」という言葉も載っていなかった時代です。

当時も今も変わらない、生産することばかりに熱心でその後始末を先送りする人間の弱さ、あるいは自分さえよければそれでいいという利己主義的な考え方。

そして今、世界が抱える地球温暖化や環境汚染は、これらのツケが回った結果ということでしょうか。

ただし、星新一自身は、後年のエッセイの中で本作について、公害問題と結び付けられたことにより、作品そのものとしての面白みが損なわれたと言及しています。

たしかに、一度発表された作品が著者の思惑を離れて思いがけない解釈がされたり、予言の書と崇められたりすることはままあるもの。

純粋に作品として楽しみながらも、そこから何を得るか、学ぶか、感じるか。

しかしこれは読み手に委ねられるものであります。

私は本作のストーリーの巧みさに唸りつつ、(環境問題に限らず)目先の利益を優先し問題を先送りし続けることへの警鐘として読みます。

先送りした問題は、結局のところ我々人間(未来の子供達)が自ら解決しなければならないのですから。


今朝のお供、

COLDPLAY(イギリスのバンド)の『X&Y』。

                              (司法書士 佐々木 大輔)

雨の季節に

ドビュッシーの弦楽四重奏曲ト短調(op.10)とラヴェルの弦楽四重奏曲ヘ長調。

どちらも雨の季節になると聴きたくなります。

理由は単純なもので、最初に購入したメロス四重奏団のCDジャケットが、傘をさしているメンバーの写真だったので、自然と雨のイメージができただけなのですが。

ドビュッシーとラヴェル。近代フランスを代表する作曲家です。

そのようなこともあってか、両者の弦楽四重奏曲は演奏会でも録音でも組み合わされることが非常に多いのです。カップル成立率は90%を超えているのではないでしょうか(佐々木調べ)。

ちなみに、カップル成立率第2位は、録音だけで言えばメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲、演奏会も含めればマスカーニのオペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』とレオンカヴァッロのオペラ『道化師』あたりと思われます(佐々木調べ)。

ドビュッシーの弦楽四重奏曲は夜の波間に身を漂わせているかのような不思議な浮遊感。静かな熱を秘めたオリエンタルビューティーを思わせる(たたず)まいの曲ですが、未だにその正体をつかみ切れないというのが正直な感想です。

一方、ラヴェルの弦楽四重奏曲は精緻で華やか。官能的でもあります。弦楽器4挺でありながら多彩な音色を感じるのは、さすが「管弦楽の魔術師」の異名をとるラヴェルの作品といったところでしょうか。

ラヴェルはドビュッシーの弦楽四重奏曲をお手本として作曲したこともあり、両者の弦楽四重奏曲は構成が似ている気がします。お手本とされたドビュッシーもラヴェルの弦楽四重奏曲に対し、「1音たりとも変更してはなりません」と最上級の賛辞を送っています(結局ラヴェルはこの曲の出版に当たり全面的に改訂してしまったようですが・・・)。

恥ずかしながら私は、何度も聴いているにもかかわらず、曲の断片だけを聴かされた場合、どちらの曲か瞬時には判断できないと思います。

ドビュッシーとラヴェルには大変申し訳ないのですが、私にとってはやはり2曲でひとつなんです。

切り離せない相思相愛の2曲。

雨の季節であるとともに今月はジューンブライド。

皆さんも幸せなカップリングの2曲に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。


今朝のお供、

桑田佳祐feat.佐野元春、世良公則、Char、野口五郎の曲「時代遅れのRock ‘n’ Roll Band」。

明日が楽しみと思える世の中にしなければ。

                              (司法書士 佐々木 大輔)

応援しています

王鵬、もう少し粘りがあってもよかったんじゃないかなあ。せっかく恵まれた体格をしているのにもったいない。気持ちが優しいのかな(お顔立ちはとても優しい)。5月場所は東前頭14枚目でしたが、結果は残念ながら6勝9敗で負け越し。

足腰を鍛えてしっかり体を作り、腰を落として前に出る相撲をとってほしい。そこにお父さん(もちろんお祖父さんも)譲りの闘志が加われば、きっと名前に負けない名力士になれるはず。

おっと、すみません。冒頭からちょっと熱くなってしまいました。

いきなり王鵬と言われても・・・という方もいらっしゃいますよね。ご存じない方のために紹介しますと、王鵬関は大鵬を祖父に、貴闘力を父にもつ角界のサラブレッドです。

そして実は、田口司法事務所は「大鵬の孫を応援する会」の会員に名を連ねてもいるのです。

場所前に秋田キャッスルホテルで行われた「化粧まわし贈呈セレモニー」にも出席しました。

黄色地になまはげをあしらった化粧まわしは力強さと神々しさを兼ね備え、土俵入りの際には素晴らしく映えていました。加えて化粧まわしに書かれた王鵬の文字は、大鵬が好んだ紫色。勝負事の守り神としてこれほど心強いものはないでしょう。

近くで見る王鵬関は立派。なにしろ190cm180kgの体格ですから。鬢付け油の香りも力士の色気たっぷり。

それにしても5月場所は混戦でした。

誰が優勝するかわからない展開はスリリングでしたが、大関陣の成績低迷が原因となると・・・。そもそも大関陣に覇気が感じられませんでした。

朝青龍、白鵬と絶対的な横綱が引退し、現状誰しも優勝のチャンスがある時代です。

王鵬関には先陣を切ってほしい。

応援しています。

がんばれ!


今朝のお供、

DEEP PURPLE(イギリスのロックバンド)の『DEEP PURPLE IN ROCK』。

                              (司法書士 佐々木 大輔)